かいとのへや

かいとのへや

東京のお出かけと国内旅行中心の雑記ブログです。

「ざっくり分かるファイナンス」若手社員が経営センスを磨く意義とは



1. 本の概要

「ザックリ分かるファイナンス

2. 内容紹介と感想

表題の通り、ファイナンスを一度でも勉強している方なら出会ったことがある単語が多く、初心者にも読みやすい本でした。仕事でバラバラと得たファイナンスの知識を体系的に得ることができました。

ファイナンスとは資金を調達→投資→運用→リターンを出すという流れです。おそらく事業会社だと「運用」の部分に頭を悩ませることが多いのではないでしょうか。本書ではどちらかというと「調達」と「投資」の部分に焦点が当てられていたという印象です。

①調達

まず「調達」では調達コストの説明がありました。ここで印象的だったのはキャッシュフロー上のコストとファイナンスで認識するコストにズレがあることです。

資本の調達方法には間接金融(債権など)と直接金融(株式など)があります。通常、間接金融では利子が生じるので、コストとして認識されやすく直接金融はコストとして認識されない傾向にあります。

実際には間接金融では負債に対する利払いが課税対象金額を少なくするので、実際の利払いよりもコストは低くなり、直接金融では配当や株価の値上がりにコミットするための資本コストが生じます。

ところが株価の値上がりは企業から直接キャッシュとして外に出るわけではないので、企業内部では認識しにくい状態です。

そこで出てくるのが株式と債権の加重平均コストで運用資金を取得するコストを表そうという仕組みです。ここで重要なのがWACCが企業の安定性によって上下すること。

安定している企業であれば投資するリスクが減るので、投資家はそこまでリターンに固執しません。一方、高いリスクを取っていれば当然高いリターンが望まれます。したがって投資家に安定した企業だと思わせることが資本調達コストを下げることに直結するのです。

②投資

投資は現在価値と将来価値と価値の算定方法のお話だったので、私は取り立ててピックアップできるところがありませんでした。(もちろん実際に作業するときは公式とか忘れたので、お世話になるかと思いますが、概念は理解しました。)

3. 仕事で活せそうな場面

① 損益管理指標の1つとして

社内で利益を見る際、売上高、限界利益、粗利、営業損益、経常損益などの管理会計的な視点から見ることが多いかと思います。そこで社内で確認する収益性指標の中に財務的な視点を取り入れてみることが考えられそうです。

財務的な指標を取り入れるメリットは投下資本に対する営業効率が分かること。特に他社との差別化が難しいコモディティ商品に使われることが多いです。一方で資本コストの計算が煩雑であることから日本企業では4割程度が使用しているそうです。(下記、参考参照)

EVA(経済的付加価値)=支払利息控除前税引後利益-資本コスト額

IRR(事業の収益率)とWACC(コスト)の比較

②投資計画の資料作成

これは言うまでもないですね。IRRやNPV、回収期間法など投資前に採算性のチェックに必要です。

③外部発信の際の心構え

企業から外部に情報発信する目的は様々ですが、ファイナンスの観点からすれば安定した企業だと思ってもらうことで、リスクプレミアムを下げるということが第一目的です。若手社員でも外部発信に何らかの形で関わっている場合は安定した企業だと思ってもらえるようにファイナンスの知識を役立てることができそうだと思いました。

4. 最後に

IR責任者はリスクプレミアムの低減に寄与すべきという主張に目が覚めた思いだった。IRはコーポレートコミュニケーションとして営業的な意味合いが強いという印象だったためだ。特にいい結果であっても株式市場へのサプライズは良くないことが驚きだった。

また株主還元の方法の1つに自社株買いがありますが、それがもたらす市場へのシグナルについて言及されていたのもおもしろかったです。次回は企業の行動がどのように株式市場に受け止められるかまとめた本を読んでみたいと思います。

参考:

森 浩気「日本企業における EVA の機能と課題」

Recessionはなぜ起きるのか?(TEDから)

久しぶりにTEDを聴きました!

TeD-EDというシリーズで非常に簡単で分かりやすい英語だったので、ちょっと英語にブランクがあったのですが、意外と聴きやすく英語に耳を慣らすことができました。

 

youtu.be

 

下記、要約です。

 

物の価格は需要と供給で決まります。インフレとは物の価値が上がることです。天災や戦争などによって石油の供給が減ったり需要が増えたりすると、原油価格が上がるわけです。

ここまでは需給のバランスがわかれば誰でも分かることだと思います。

でも実はrecessionが起こるもう一つの要因は経済の繁栄なのだそうです。

経済が成長することを見込んで資金を調達している場合、経済成長が追いつかないと資金繰りが急速に悪化します。資金繰りが悪化すると事業を畳まざるを得なくなり、会社が倒産します。またこの現象が多く起きると経済への不安が生まれ貯蓄率が高まります。こうしてどんどんrecessionに進んでいくそうです。

「コンサル1年目が学ぶこと」はなぜこんなに人気なのか?(感想)

事業会社で働いているので関係ないよとタイトルだけ見て思っていましたが、上司から読んで仕事のやり方を見直してはどうかと言われたので読みました。結果、読んでめちゃくちゃよかったです。上司からポツポツと言われていたことの意味が分かり、自分の仕事の質がどこで下がっているのかよく分かりました。

1. 著者と本紹介

本社は外資系コンサル出身の著者が各界で活躍している外資系コンサル出身者の話を聞き、職種・業界にかかわらず通用するスキルをまとめたものです。

よくよく読むとコンサルに行く人というよりも事業会社で仕事のやり方を向上させたい人が読むべき本のような気がしました。

「コンサル一年目が学ぶこと」大石哲之著

アマゾンプライム会員は無料でした!

2. 感想

本当にベーシックな仕事の方法が書いてあります。作者も指摘されている通り、スキルに偏りはあるものの、何かは自分に引っかかるはずです。私は下記の2点が心に留まったのでやってみたいと思います。

① 期待値を超え続けること

仕事でバリューを出している人は期待値を超え続けている人と同意義です。期待値を超えるためには仕事をする上でステップがあります。

  1. 期待値を把握する(依頼時に成果物のイメージをつかんでおく)
  2. 早めにPDCAを回す
  3. 期待値を高めない

② 思考のトレーニングを続けること

実際に自分でもやってみようと思ったのが毎日思考のトレーニングをすることです。本書の中でも毎朝15分電車の中でトレーニングをされていたという方がいらっしゃいました。私は徒歩移動が多いので、歩きながらやってみたいと思います。

  • ロジックツリー
    漏れなく問いへの答えを出す方法としてロジックツリーがあります。MECEの考え方を応用して因果関係を突き詰めていく方法です。
    使い道が分かっていなかったのですが、訓練すれば日常生活でも応用できるようになるそうなので、とりあえず勉強したいと思いました。
  • 仮説思考
    調べ物や資料作成にあたって仮説を立ててから行うことで、作業のショートカットとその業界に対する勘所を早めに作ることができます。

  • 数字で語る
    これはよく社内でもよく言われていることですが、あまり深く考えたことはありませんでした。参考になったのは「自分で集計しないとなかった数字」を探すこと。新人の言葉なんて誰も相手にしてくれません。ただそこに数字というファクトが加わると説得力が増すそうです。

ただこのトレーニングにはフィードバックが必要とのこと。もうちょっと自己投資をしてみたいなと思いました。

3. 最後に

私はこの本を読むまでスキルを取得することは大事だが、ビジネスマインドくらいは持っていると思っていました。なので、読む本がどうしても個別の知識を取得する系統に偏りがちでした。本書を読むことで仕事ができる人がどのようにトレーニングしているのか、情報だけでなく行動パターンも学習することが普段の仕事に役立つと感じたことが一番の学びでした。

今後ですが、これまで軽視しがちだったエクセルやパワポの時短技術、問題解決の考え方をちらっと勉強してみたいと思います。

社会人ですが、初めてround1に行きました。

先日初めてRound1に行きました。小中高大と普通の人生を送ってきましたが、Round1には行ったことなかったので初体験でした!

1. 料金

そもそも今回は彼が体を動かしたいと言ってRound1にお邪魔したので、スポッチャに行くことに。Round1の料金は店舗によって違うようです。今回私たちが行ったお店はこんな料金体系でした。

大人1人あたりスポッチャ料金

フリータイム:2,580円〜

3時間パック:2,380円〜

90分パック:1,980円〜

ちなみに「株主優待」か「朝割」を利用するとお得に遊べます。ラウンドワンの株は1株1,500円くらいなので、15万円から優待を取得することができそうです。

【ラウンドワン】株主優待制度のご案内

2. アクセス

行くお店によっては無料のシャトルバスが出ているところがあります。シャトルバスの停留所には目印がないので、公式HPから事前確認するといいと思います。

【ラウンドワン】 無料シャトルバス

3. スポッチャ(運動神経なくても結構いけます)

スポッチャは体を動かすスポーツゲームとゲームセンターにあるような普通のゲーム、ちょっと変わったところではゴーカートなどのモビリティゲームがあります。

体を動かすスポーツゲームは回数制限や時間制限があります。ゲームによって混み具合が違います。グループで遊びに来ている方が多いので、私が行った時は3on3やテニスなど複数人で遊べる施設が人気でした。

時間制限は15分くらいなので、待っていればサクサク入ることができます。私たちは90分パックを選びましたが、最後の方は時間が余ってしまいました。もちろんグループで行くなら交代で遊ぶことも考えられますので、3時間パックにした方が充実できるかもしれません。

4. スポッチャ利用の特典

スポッチャが終わった後、係の人からクレーンゲーム1回分とメダルゲーム10枚分の無料券をいただきました。

取ってきたカービィ

彼がカービィーが好きだというので、カービィーを的にクレーンゲームにチャレンジ。初めてクレーンゲームの商品を取ることができました!

メダルゲームは初めてやりましたが、落とすタイミングがなかなか掴めませんでした。コインをタイミングに合わせて落とすだけのシンプルなゲームですが、ジャックポットやスロットが当たると、じゃらじゃらコインが出ることが面白さの要因のようでした。

 

次回行くかどうかは微妙ですが、なかなか楽しめました。
24時間営業なので、終電逃した際に便利そうです♪

 

猫カフェMOCHA で猫にかまわれる狙い目ポイント

最近よく見かけるようになった猫カフェMOCHA。気になっていたのですが、先日機会があったので行ってきました!行ってみて猫に構われるにはコツがありそうと思ったので、ポイントを書いていきたいと思います。

猫カフェMOCHA(冷蔵庫の上で寝てる猫)

1. 猫写真を上手に撮るポイント

公式ページにも記載がありますが、寝ている猫を撮るとうまく撮ることができます。上の写真でも猫が寝ているところを撮っています。

猫写真を上手に撮るポイント|猫カフェ MOCHA(モカ)

肉球(MOCHA)

この冷蔵庫の裏がお気に入りの猫が多いらしく、猫の肉球がドアップで撮れました!ちなみに熟睡しているのかと思って触ったら怒られました…ごめんなさい。 

2. 猫が寄ってくるポイント

猫は狭いところと温かいところが好きそうです。今回、横に冷蔵庫がある端の方の席に座っていたのですが、猫が冷蔵庫を求めてやってきます。決して自分がモテているわけではないのですが、冷蔵庫のおかげ

で座っている横を猫が通り抜けていく体験ができました!

3. 猫を触るポイント

猫を触るにはおもちゃを使ってもいいとHPには記載がありますが、私が行ったのは15時くらいだったこともあってか、あまり遊んでくれない印象でした。むしろ寝ている猫の方が多かったです。

それでも起きている猫ちゃんもいて、そんな猫にはオヤツ(550円/1個)の効果が高そうでした。

4. 料金

10分あたり220円です。最大料金は大人1人あたり2,640円なので、2時間以上いると時間あたりの単価がどんどん安くなる計算です。

この利用料金に別途ドリンクバー350円が必須なので注意してください。電源コンセントやWifiもあったので、結構コスパがいいかなと思いました。

 

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

赤羽で居酒屋を探すときのコツ

お疲れ様です。突然ですが、「赤羽で飲みたい!」って思ってもお店に入るのを躊躇することって結構ないでしょうか?ネットで調べても情報が出てこないようなディープなお店が並ぶ赤羽ではなかなか自分好みのお店を見つけることが難しい気がしています。

ここ数ヶ月くらいコンスタントに赤羽で飲んでいたので、自分なりの赤羽での飲み方のコツをまとめておきたいなと思いました。

1. 看板に出ているメニューを見てみる。

一番街を歩いているとそれぞれのお店がメニューを出しています。看板メニューはだいたい載っているので、ビールかハイボールの値段とオススメ料理の値段を確認しています。

料理が1品500円から600円くらいだとまあまあ安めです。

2. 客層を確認する。

赤羽で飲んでいるのは50代くらいから大学生まで様々ですが、カジュアルな格好できている人たちが飲んでいるお店が狙い目です。飲み慣れている大学生や近くに住んでいる方が多いので、意外と安く飲める印象があります。(あくまで主観です。スーツで行っている方がいたら申し訳ないです…)

3. 食べログで飲み物を料金を確認する。

彼と2人で飲みに行くとひたすら飲んでいるので、飲み物の料金を確認して300~400円台くらいであることを確認してから行きます。500円台になってくるとちょっとお高いイメージです。300円台だと大体2人で5,000円台で飲める気がします。

4. 現金決済のお店を探す。

原価ギリギリで営業しているようなお店はクレジットカードの手数料も惜しいはず!なので、現金オンリーのお店に行くと安いことが多いです。赤羽行くときは現金の準備が必須な気がします。私はよく忘れて彼氏にたかっています笑

5. よく行くお店

最後に私が赤羽でよく行くお店を紹介したいと思います。

①馬喰ろう

一軒目からチェーン出すなと怒られそうな気がしますが、馬肉が食べたいときによく行きます。赤羽は現金決済が主流ですが、クレジットカードが使えるのもいいところ。ちなみに現金決済でいいなら「馬ん馬んいくどん」もオススメです。お値段はちょっとお高めで7,000円台くらいなのでボーナスが入るといっています。

②火一刀

赤羽駅のガードレール下にあるお店です。ここもクレジットカードが使える上に安いので、とても重宝しています。席数も多く、土曜の夜のピーク(19-20時くらい?)を外せば意外とすんなり入ることができます。美味しいのはもつ煮込み。色々な部位が入っていて家では作れそうにはない美味しさです。だいたい2人で5,000円くらいで飲んで食べれます。

火一刀

肉刺しの種類も豊富で鳥刺しや馬刺しもありますし、この前行ったら合法レバーなんてものがありました。2011年くらいに起きた集団食中毒事件がきっかけで牛や豚のレバー刺しは食品衛生法で提供が禁止され、飲食店から姿を消したはずですが、堂々と合法と書いてあったので、注文してみました。今のところお腹は壊していません笑

③魚友

赤羽にある正統派の大衆居酒屋さん。ここは大学生というより年配の方が来られている印象でした。若い人が珍しかったのか店員さんがオススメしてくれたのが、カブトの煮付け。確か金目鯛だったと思います。意外と味が濃くてついつい日本酒が進んでしまいました。このときはお腹がいっぱいだったこともあって2人で4000円いかなかった気がします。

魚友

 

④酒月

赤羽の一番街にあるせんべろのお店。お昼を食べずに行ったときですら6,000円超えませんでした。安い!オススメは3杯1000円のせんべろセットです。これを頼むと3枚コインがもらえ、せんべろセットの中の飲み物と一枚ずつ交換します。

酒月

おつまみもちゃんとしていてボリュームがある揚げ物類から、炒め物までボリューミーな料理が豊富に揃っているのでお腹もちゃんと満足できそうです。飲みに行くとご飯食べるのを忘れがちですが、このお店はちゃんとご飯が食べられました!

まだまだ赤羽には色んなお店があって開拓していないところも多いので、これから見つけたいと思います。

 

【歩いて稼ぐ】Agletの登録方法と稼ぎ方(招待コードあり!)

最近Twitterを賑わせているM2E(Move to Earn)のプロジェクトですが、乗り遅れた方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。特にStepnは先行者利益が大きくなっていますね。

そんな中、まだAirdropも控えているプロジェクトとして注目され始めているのがAgletです。M2E関係のプロジェクトは飛んじゃうものも多い印象ですが、Agletはまともそうな印象なので、始めました!

aglet(公式のTwitterから)

1. 稼げる?→損はしなさそうかなと思います。

結論から言うと稼げるかどうかは今後明らかになるけど、今初めて損はないプロジェクトかと思います。もともとスニーカー収集のゲームを作っていた運営がそのスニーカーをNFTとすると宣言したことで爆発的な人気が出たようです。

稼ぐ方法は①ゲーム内のコイン($AGT)を他の仮想通貨と換算する方法、②NFTをオープンマーケットで販売する方法があります。

コインは2022年2Qから、NFTは2022年4Qから外部での販売ができるようになるそうです。

Aglet NFT Roadmap | MatometaX

2. 始め方

①アプリのDL

始めるにはアプリが必要です。iPhoneにもAndroidにも対応していますので、それぞれのストアからDLしてください。

iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

②靴とアバターの選択

今のところ日本語版には対応していないようなので、英語で表示されます。ひたすらNextを押すと靴の選択画面になります。

初期設定なのでどれでもいいのですが、下に出てくるEarn rate(1000歩で貰えるリワードの数)、Max Boost rate(ブーストがかかったときにいくらになるか)は気にした方がいいかと思います。

aglet

靴を選んだら、アバターを設定しましょう。アバターで稼げる比率が変わることはないので、適当に設定しましょう。

③メールアドレス入力

最後にメールアドレスかGoogleアカウント、Appleアカウント、Snapchatアカウントのいずれかを入力すれば完了です。生年月日や本名は要求されませんでした。

この際に招待コードを入れると10,000歩達成したタイミングで1,000AGTがもらえます。もしよかったらお使いください。

招待コード:SJVXUR

3. 遊び方

遊び方は簡単!歩くだけです。と説明したいところですが、効率的に増やしたい方は靴の耐久性と天気を意識してください。

①靴の耐久性

Agletの靴は現実の靴と同じように履いていると汚れてきます。最初は100%ですが、履いているうちにだんだんパーセンテージが下がってきます。

パーセンテージを回復されるためには「Repair」スポットを探す必要があります。修復できる回数は限度があるので、ギリギリまで履いて修復した方が良さそうです。

②天気

靴が今の天候に合っているかどうかで歩数に対して稼げる割合が違います。靴の下に表示されるこの数字が大きい靴を選ぶようにすると効率よく稼げます。

稼げる割合

4. Pokemon Goと言われる理由

このアプリのおもしろいところは歩いていけるスポットに「宝箱」が置いてあることです。Pokemon Goポケモンを捕まえるのと全く一緒ですね。スポットは下記の3種類あり、それぞれできることが違います。いずれも「Explore」画面で見つけられます。

  • Deadstock
    一番希少度が高いスポットです。
    もし発見できたとしても靴のランクが違う場合は修理できない場合があります。
    耐久性が0になった靴を100%まで回復できます。

  • Repair
    パーセンテージが減った靴を回復できるスポットです。
    スポットによって回復できる割合が違ってきます。

  • Treasure
    AGTコインや靴が入っている宝箱です。
    一番見つかりやすいので、これを目標に歩くと楽しそうです。
    (私もアプリを入れたところから200mくらいのところで発見しました。)

5. まとめ(Stepnよりもいい理由)

同じM2EのプロジェクトならStepnの方が有名だと思います。他にもSweatcoinなどいいものがありそうに思います。でも敢えてAgletを推す理由は2つあります。

1つ目は現実のブランドとタイアップしていること。AgletのCEOはもともとアディダスで将来的なトレンドをマネージしていた方なので、そこからの伝手もあってかリアルの靴がdropすることがあり、楽しそうです。

2つ目は初期投資がかからないこと。もともとゲームであり、NFT開始後も純粋にゲームとして楽しんでほしいという制作者の意図もあって無料で簡単に開始できます。(もちろんゲーム内課金ありますが…)

ゲーム感覚で始められ、あわよくば稼げるかもしれないというM2E初心者の方にはオススメのプロジェクトです♪

 

ご参考:

What is this game all about? - Aglet NFT Whitepaper

Aglet Reviews 2022 | JustUseApp Reviews