かいとのへや

かいとのへや

東京のお出かけと国内旅行中心の雑記ブログです。

遅刻癖が治らない彼氏への対策法

突然ですが新宿や渋谷の駅前にいると待ち合わせをしている人たちを見ることができます。男女の割合は半々くらい。そんな時いつも思うのが「なぜ自分はいつも待たされているのか?」という疑問です。私の彼は寝坊と遅刻の常習犯で最初のデートには3時間くらい寝坊してやってきました。なんかもう意図してやっているというより自分ではどうしようもならないみたいなので、いつも待たされている身として対策を考えてみたいと思います。

f:id:kaito1101:20220408234925j:plain

ひとりぼっちの犬

1. 自分で時間を潰す

彼に早く来てもらう方法も考えましたが信頼、確実性がないので、自分がいかに楽しく待ち時間を有効活用できるか考えました。

①集合場所を自分で選ぶ

個人的に集合場所選びが大事だと思っています。近くに時間が潰せるカフェや本屋さんがあれば2時間くらいは余裕で潰せます。本屋さんだったらだいたい2冊くらい、カフェだったら今取りたい資格の勉強をしているといいと思います。

②待ち時間に勉強することを決めておく

いきなり勉強しようと思ってもできないので予めスマホにインストールしておくか軽い参考書一冊くらい持っていくといいでしょう。私はひたすら簿記の反復問題をやっていて1年くらいで簿記3級と2球を取得できました。これからは公認会計士かな…と思っていますが、いい参考書が見つからずに悩んでいます。

③ブログを書く(構想を練る)

実はこのブログも書き出しは彼を待っている間に書いているのですが、Google Docsなどでブログの構想を練るのも結構好きです。ブログを始める前はアンケートサイトでアンケートに答えていましたが動画含まれることもあるので、ブログの方がデータ的には安心です。

④自分も少し遅く出る

彼と付き合うまでは学校で習った10分前行動を律儀に守るタイプでした。でも彼が5分以内だったら誤差でしょと言い続けるので、段々と洗脳されて今では10分くらいなら誤差だと思うようになってしまいました…おそろしい。そんなマインドセットだったので自分も少し遅く出たりしていました。彼も気にしないのでいいかなと思ってましたが、友達と遊ぶときにめちゃくちゃ遅刻して申し訳ないなと思ってからはやめました笑

2. 彼に早く来てもらう

そんなことができたらこの記事読んでいないよ!という方。それはそうだと思います。ここでは根本的な対処ではなく対処療法的にできるだけ早く来てもらう方法を書きたいと思います。

①出かける日の朝メールをする。

「おはよう」でもなんでもいいのでメールをします。運が良ければバイブが設定されていて起きます。もしこのメッセージで起きなくても既読になっているか未読のままかで、今どんな状態かが推測できます。

②待ち合わせ時間を過ぎたら電話する。

待ち合わせ時間を10分くらい過ぎていて朝送ったメッセージも見られていなかったら電話をします。彼は枕元にスマホを置いているので大体ここで目を覚ましてくれます。ちなみにここで彼が出られず、1時間経ったら帰ることにしています。(実際に2回くらい帰りました笑)

③出かける前の日はLINEを早めに切り上げる

彼が夜寝るのは結構遅く、1時くらいがaverageです。夜はお酒を飲んでゲームをしていてついつい起きているそうですが、2時くらいまで起きていると次の日遅刻をすることが多いので遊びに行く日の前日は早めにLINEを切り上げるようにしています。まあ彼がゲームをやめなければどうしようもありませんが、「明日運転よろしく!」とか言ってみると意外と寝てくれます。

 

いかがでしょうか。以上が私の対処法です。

たぶんもっとクレバーなやり方で遅刻に対応している方やそもそも遅刻させない!という方もいらっしゃると思います。羨ましい限りです…。これから先付き合っていく中で最適解を見つけられたらなと思います。